プレ更年期・更年期|人形町駅から徒歩4分!リラックスしたプライベート空間を意識した女性のための鍼灸治療室です。はり灸やアロマオイルを使った経絡マッサージで、不調を取り除きながら、心身のバランスを整えます。美容と健康のサポートはお任せください!

アロマはり灸サロン コロッラ
プレ更年期・更年期
これって更年期?
イライラする、すぐ気分が落ち込む、からだがむくみやすくなった、肩こりがひどい、、、
40歳を過ぎた頃から、からだや心に起こるさまざまな不調。
以前とは違った症状を感じるようになったら、それは、女性ホルモンの分泌量の低下が影響しているかも。

女性ホルモンの働き

女性ホルモンは、10歳前後から分泌が始まり、50歳過ぎまで分泌が続きます。生理を起こしたり、妊娠しやすいからだを作る役割のほか、肌に潤いやハリツヤを与えたり、骨や血管を丈夫にしたり、自律神経や脳、精神状態の安定、粘膜、関節、胃腸や免疫など女性のからだそのものに密接に関わり、心身を守ってくれています。ところが、年齢とともに分泌量が減っていくため、からだと心に大きな変化が出てくるのです。その時に感じる不調が、更年期 (プレ更年期) 症状です。

mori

からだの不調
ひどい頭痛や頑固な肩こりは、更年期特有の症状。女性ホルモンの減少が血行を悪くし、酸素や栄養がからだの隅々まで行き渡らなくなるからです。疲れも取れにくくなり、さらに筋肉の緊張が高まっていき、、、。また、手先や足腰の冷えがひどくなるのも血行不良が原因です。女性ホルモンの減少は、自律神経にも影響するため、急に汗が吹き出す、のぼせる、動悸がするなどの症状を訴える人もいます。
こころの不調
女性は40歳を過ぎると、副交感神経(リラックス時に働く)の活性度が低下し、交感神経(活動時に働く)が常に優位になりがち。それが睡眠にも影響します。夜になってもなかなか寝付けなかったり、何度も目が覚めてしまったり。動悸やふらつきなどの症状が現れることもあります。心のバランスも不安定になりやすく、些細なことでイライラしたりクヨクヨしたり、涙もろくなったりと気分のムラが激しくなる時期でもあります。
粘膜や皮ふ、筋肉や関節などにも
粘膜が弱まり、皮ふに影響が出やすくなります。
症状としては、目のかゆみ、口の渇きや粘つき、胃腸が弱くなり、下痢や便秘をしやすくなったり。
肌が乾燥し、敏感肌傾向に。
筋肉や骨が弱くなり、関節に痛みが
手首や膝などの関節に痛みを感じたり、首を寝違えることが増えたりします。
手指のこわばりやしびれを感じる人もいます。
かかとや足の甲に痛みが出る人もいます。
鍼灸で体調を整える
実はリラックス効果が高い鍼灸。冷えを取り除き、血流がスムーズになると、酸素と栄養が全身に行き渡るようになります。それは、自律神経や内臓、ホルモンバランスにも好影響を与え、からだと心が良いコンディションに整ってきます。皆さんそれぞれに合った対処法がきっと見つかります。上手に自身と付き合っていきましょう!
プレ更年期度チェック
□イライラすることが多い
□涙もろくなった
□物忘れが多い
□集中力が続かなくなった
□やる気が出ない
□落ち込みやすく、立ち直れない
□寝つきが悪く、眠りが浅い
□判断力が落ちてきている
□経血が少なくなってきた
□月経周期が短くなってきた
□暑くなったり、寒くなったりする
□足がむくみ、なかなか元に戻らない
□手足が冷えやすい
□息切れ、動悸がする
□便秘や下痢をしやすくなった
□頭痛や吐き気、めまいがする
□疲れやすい
□手足の関節や腰に痛みがある
□手の指がしびれる
□体重が戻りにくくなった
□トイレが近くなった
□目がかすみ、物が見えにくい
□頭が重く、耳鳴りやめまいがする
□肌が乾燥してかゆい
□肌のくすみが気になる
□肌のたるみが気になる
□しみ、しわが増えてきた
□髪の毛のハリがなくなり、白髪が増えてきた
□口の中が渇いて粘つく
□爪がもろくなった
チェックが4個以下
今のところ、女性ホルモン減少による症状は見られない模様。

チェックが5〜9個
プレ更年期の兆候が。女性ホルモン減少をくい止める対策を。

チェックが10〜19個
女性ホルモンが減少し始めている模様。早めの対策で不調をブロック。

チェックが20個以上
女性ホルモンの低下が進んでいる模様。辛い症状には、早めの対処を。不調が出やすくなる前に、先手を打って。


PageTop