コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2018年08月21日 [健康]
ホルモンバランスの乱れからくる生理痛。

体の中では、1カ月に一度の大仕事を迎えるとき。
からだに不調が出るのもやむを得ないのかもしれません。

でも、辛い痛みは、本来伴わないもの。
生活に支障が出るほどの痛みがあるとき、鎮痛剤は即効性があり、役立ちます。
気をつけなければいけないのは、鎮痛剤には、体を冷やす作用があるということ。
薬に頼り過ぎると、さらに体を冷やすことにもなりかねません。

生理痛の原因は、冷えの場合がほとんどです。
生理前から、お腹周りを温めたり、インナーなどで冷やさない工夫するだけでも
痛みを緩和出来ます。

若いころから、自分の体に関心を持ち、冷えを遠ざけましょう。
セルフ灸がお勧めです。
体も心も変わりやすいJKに、お灸は優しく作用します。

鍼灸師 関野さちこ

2018年08月18日 [健康]
自律神経は、人間の意思から自律して働く神経。
内臓や呼吸、血圧、体温などをコントロールしています。
その中で唯一、人間の意志でコントロール出来るのが呼吸。

呼吸が乱れると、鼓動が早くなったり、血圧が上がったり、胃が痛くなったりします。
肩こりの人は、呼吸が浅くなり、血行が悪くなりがち。

意識した深い呼吸で、からだの巡り、自律神経のバランスを整えましょう。

就寝前の腹式呼吸は、からだを温め、スムーズな睡眠を誘います。

夏の疲れが出やすい時期です。
呼吸を整え、心身のバランスを保ちましょう。

からだに耳を傾け、無理のない過ごし方で、
夏を乗り切りましょう。
それでは、素敵な週末をお過ごしください。

では、また火曜日に。

鍼灸師 関野さちこ

2018年08月17日 [健康]
頭は、からだの変調が現れやすい部位の一つ。

頭皮で見ると、
血行が良く、潤いの保たれた健康な頭皮は青白い色をしています。

疲れやストレスが重なり、新陳代謝が低下した状態になると、頭皮は黄色に。

血行が悪く、毛細血管がうっ血すると、頭皮は赤みを帯びた状態に。

頭は、手足のツボ同様、内臓と深いつながりがあり、
ヘッドマッサージは、全身の働きを活性化する作用があります。
また、脳にダイレクトに刺激が伝わり、リラックス効果も高い。

髪全体をこまめにブラッシングするだけでも、血流を促すことができます。

鍼灸師 関野さちこ


このページの先頭に戻る