コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2015年06月05日 [健康]

夜に夢を見ますか?

「よく夢を見る」という患者さまが
比較的多いように思います。
夢
いい夢、楽しい夢は見るのも嬉しいですが、
東洋医学では、睡眠中によく見る夢を「多夢」
といい、嫌な夢や怖い夢はからだの不調を
知らせるサインと考えます。

根本原因は精神不安とされますが、
不調をタイプ別に分けると、、、

*気血両虚証
くよくよ悩んだり、病気したり、月経過多や出産などで、
血液の生成や運行が滞ると、やがて精神活動に異常をきたし
睡眠にも影響を及ぼします。

眠りが浅い、疲れやすい、動悸、息切れ、不安、軟便などの症状を伴います。

⇒胃腸を整えながら、気血を補います。

*心腎陰虚証
自律神経のバランスが崩れ、からだの中に熱がこもる(ほてり)ことで
睡眠にも影響を及ぼします。

寝つきが悪い、イライラ、のぼせやほてり、寝汗、目の充血などの症状を伴います。

⇒自律神経を整え、からだのほてりを取り除き、潤い分を補います。


*痰湿困脾証
暴飲暴食やもともと胃腸虚弱にあって、からだの中に熱と痰が溜まると
睡眠にも影響を及ぼします。

怖い夢を見る、イライラして怒りっぽい、動悸やめまいなどの症状を伴います。

⇒からだの熱、痰を取り除き、胃腸を整えます。

鍼灸
症状に合わせた鍼灸治療で、気になる不調を改善しましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る