コロッラのブログ | 冷え、肩こり、むくみ、便秘、生理痛などの辛い不調を改善します。住吉駅から徒歩12分!マンツーマン施術の女性のための鍼灸治療室です。不調を取り除きながら、心身のバランスを整えます。

アロマはり灸サロン コロッラ
ブログ
2018年12月13日 [更年期]

隠れ貧血とは

先日、貯蔵鉄(フェリチン)不足と診断されました。
これは、貧血(ヘモグロビン不足)の一歩手前の状態で、「隠れ貧血」とも言われています。

通常、体内には蓄えられた鉄があり、ヘモグロビンが不足すると、
貧血にならないよう、鉄を補う役割をしています。

ところが、その貯蔵鉄の浪費が進むと、貧血症状があらわれるようになります。

ただ、この時点でヘモグロビン不足にまで達していない場合、貧血の検査には引っ掛かりません。
一般的な貧血の検査は、ヘモグロビンの数値が指標になるからです。

さらに、健康診断などの血液検査項目に、フェリチン値は含まれないため、
貧血を見落とされることがあります。
それが隠れ貧血といわれる所以でしょう。

わたしが、病院にかかったきっかけは、
たまに起こるめまいのほか、慢性疲労、息切れしやすい、気分のムラといった症状からです。

今回、フェリチン値まで測ってもらい、貧血傾向にあると診断されました。

足りない鉄は、補うしかありません。
ということで、鉄剤をしばらく服用することになりました。

合わせて、葉酸のサプリも摂ってみようかと。
セルフ灸も施しながら。

鍼灸師 関野さちこ

【みなさまのご登録、お待ちしています】
友だち追加
LINE限定お得なクーポンなど配信しています。
ご予約やお問い合わせにもご利用いただけます!












PageTop