コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2016年10月24日 [健康]

胸式呼吸と腹式呼吸

ピラティスを始めた患者さんに聞いて、知ったこと。
ピラティスは胸式呼吸で行うのだそう。

ヨガに似たイメージがあったので、どちらも腹式呼吸による
運動かと勝手にイメージしていました。

腹式呼吸と胸式呼吸、効果の違いはなんでしょう?

腹式呼吸は、鼻から吸った空気をおなかに溜めて(おなかを膨らませる)、
口から吐き出すという方法で、おなかの動きを意識した呼吸。
副交感神経が優位には働き、緊張をほぐす効果がある。
内臓のはたらきを促すから、便秘の解消にも◎

一方胸式呼吸は、鼻から吸った空気を胸に溜めて(肋骨を広げる)、
口から吐き出すという方法で、胸の動き(横隔膜)を意識した呼吸。
こちらの呼吸は、交感神経を優位にし、からだの緊張を高める効果が。

なるほど。
ピラティスのように、筋肉の緊張を高めて体幹のバランスを維持する運動には
胸式呼吸なのだと納得。

呼吸一つも、奥が深いなぁと感心した出来事でした(#^^#)

さぁ、今日からまた一週間がはじまります!
わたしは、胸式呼吸でスタートしよう☆
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る