コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2016年06月18日 [健康]

夏こそお灸!どうして?

最近、暑いからお灸の気分にならない、、、
そもそも、暑い夏にお灸って必要なの?
この季節になると、患者さんにときどき言われます。
お灸
でも、無防備になりがちな夏こそ、お灸なんです☆
暑さは、それだけで体力を消耗し疲労が溜まりやすくなりますね。
免疫力が低下して、夏風邪を長引かせる人も。

お灸は、消耗して不足した「気」を補ったり、疲労から滞ってしまった「気」の巡りを促しながら、
回復力を早め、免疫力を高めます。

また、お灸には熱のバランスを整える効果もあるんですよ!
熱気は頭や内臓にこもりやすい性質。
それが不調の原因に。

冷気は下にさがる性質で、降下すると腰や足を冷やし、
それもまた、不調の原因に。

お灸には、こうした寒熱の循環を促し、熱のバランスを整える効果もあるんです。

暑い夏こそ、お灸習慣!
元気に夏を過ごしましょう!

さて、みなさま!
ハッピーな週末になりますように☆彡
では、月曜日に。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る