コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2016年03月23日 [健康]

目の疲れを感じたら

目の疲れは、首の一番上の骨の辺り(頭のすぐ下)に出ます。

目の疲れ、首の重だるさを感じた時は、温めて休息しましょう。
眼精疲労
疲労が重なると、疲れはさらに広がって、今度は首の付け根のあたり(頭を前に倒したときに、
首の後ろにポコッとでてくる骨のあたり)が血行不良を起こします。
この辺りに疲れを感じたら、やはり、温めて休息したいですね。

さらに疲労が重なると、首肩の筋肉が硬くなり、呼吸が浅くなってきます。
そうなると、肩甲骨までガチガチになって、頭は重いし、肩は辛いし
腰にまで影響を及ぼします。

目の疲れは、放っておくと、交感神経を優位に刺激し
常にからだが緊張した状態に。

パソコンやスマホなどで、目を酷使しがちですが、
影響が大きく及ばぬうちに、休ませることが大切です。

パソコンに「一時間に一回、目を閉じる」って
メモを貼ってみるのもいいですよ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る