コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2016年02月17日 [健康]

脳の委縮を遅らせるには

「中年期の運動能力が高いほど、その後、脳の委縮も少ない」
という研究結果が、ボストン大学の研究チームより発表されましたね。

これは、とても興味深い!

脳の委縮が少ないということは、脳の老化、認知機能の低下を抑えられる
可能性があるといえるでしょう。
運動
運動することによって血流量が増え、その分、より多くの酸素や
栄養素が脳に運ばれるからなんだそう。

運動は健康維持に役立つだけでなく、脳の健康にも有効なんですね!

思いついたときにストレッチしかしていない、中年期のわたし、、。

まだ今なら、間に合うはず!

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る