コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2016年08月29日 [健康]
ちょっとしたことが気になったり、
クヨクヨ考えたり、落ち込んだりすると、
心とともにからだも緊張し続けて、血流が悪くなってしまいます。

喉の詰まり感、頭重感、お腹の張り、頭痛、肩こりなどの
不調が出てくる前に、リラックスを心がけ、血流を促すよう心がけましょう。

お風呂に浸かったり、深呼吸で呼吸を整えるなどすることでも、
緊張をほぐすことができます。

このところ、お腹の調子を悪くしている患者さまが目立ちます。
便秘
下痢は冷えも大きな原因のひとつです。
ホットパックやカイロなどで、お腹を温めましょう。
お腹には、元気を補うツボがあり、
温めることで、治癒力を高めことができます。

急な下痢には、梁丘(りょうきゅう)へ
ツボ押ししましょう。

梁丘:膝のお皿の外側、上端角から指3本分上の辺りで、
押してツンと響くところ。

日本橋浜町・人形町
女性のための鍼灸治療室
関野 さちこ




このページの先頭に戻る