コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2015年10月01日 [妊娠・更年期]

婦人科の不調をラクにするには

「血」はからだに栄養や酸素、ホルモンを運んだり、
潤いを与えたり、からだを温めたりする働きをしています。

もし栄養不足などで「血」の量が十分でないと、大きな血管が流れる
心臓など、生命に関わる重要臓器への供給が優先されてしまい、
細い血管が流れる子宮卵巣は後回しにされてしまいます。
婦人科トラブル
そうなると、子宮卵巣には必要なエネルギーや栄養が不足した状態に。

また、冷えや運動不足で「血」の流れが滞りがちになると栄養などが
行き渡らないだけでなく、老廃物がたまって、さらに巡りが悪くなるという
負のスパイラルに陥ることになります。

生理痛・PMS、妊娠・出産トラブル、更年期トラブルは「血めぐり」をよくすること
で症状はラクになります。

適度な運動、食事、入浴などで養生しましょう。







このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る