コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2015年09月30日 [妊娠・更年期]

骨盤に効く冷えの手当て

朝夕には気温が下がり、秋の気配が感じられるようなりました。


夏の疲れや、気温の変化などで、冷えがからだに入りやすいこの時期だからこそ
冷えを入れない手当てがとても大切。



それはとっても簡単。

両足の指や甲をグーパーして開いたり閉じたりを繰り返します。

これだけ!


足の動きが柔軟になって、立った時に、しっかり
地面を踏みしめられるようになると、立ち姿勢が良くなります。
(姿勢が悪いと、骨盤や背骨にも影響し巡りの悪いからだに)


冷えて硬くなり、開きが悪い人は、手の指を使って
ゆっくり甲と足指を開いていきます。

両手で足の甲を包み、おまんじゅうを半分に割るイメージで。


これをした後、お風呂に入ると、からだが温まりやすくなります。


また、足の中指、薬指間は、骨盤につながる大事なポイント!

柔軟な指と甲を目指し、冷えやすい体質を変えていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る