コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2015年09月28日 [妊娠・更年期]

妊娠しやすいお腹の感触は

コロッラでは妊娠しやすいからだ作りのための
鍼灸治療を行っています。

不調の改善やホルモンバランスを整えるだけでなく
お腹の状態も重視しています。
お腹
赤ちゃんを迎えるのに理想的なお腹とは?
「つきたてのお餅のように柔らかく、そしてほどよく弾力のあるお腹」


一方、妊娠を望んでいる方に多く見られるお腹は、、、


・みぞおちの辺りが硬く、冷えていて、押すと嫌な感じがする。
(冷えや疲労による消化機能の低下が考えられる)


・おへその上辺りに力がなく、へこんでいる。強い拍動を感じる。
(水分代謝が低下していて、むくみやすい)


・下腹部が硬く、冷えていて、押すと嫌な感じがする
(お腹の血液循環が悪くお血が見られる。便秘や婦人科疾患を抱えている場合もある)


・下腹部に力がなく、押すとふにゃふにゃして抵抗がない。
(子宮卵巣などの生殖機能の働きが低下している可能性もある)


・お腹の中にガスが溜まっている。表面は硬いが叩くとポンと音がするような感じ
(冷えや、運動不足により腸の働きが低下していると考えられる)


こうしたお腹は、からだの巡りを悪くします。


コロッラは、鍼灸とお腹ケアでお餅腹を目指し、からだの巡りを
整えます!



このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る