コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2015年02月27日 [妊娠・更年期]

更年期を語ってみる

更年期ってどんなイメージ?
暑くもないのに自分だけ大汗が、、、とか、イライラしてヒステリックになったり、、、とか、
そんなイメージ??
更年期
実際、私もうっかり「暑い」なんて口にしようものなら「更年期か?」と揶揄されてしまうお年頃。
なんだか良くない印象ばかりが先行している更年期。
でも、ポジティブに受け入れることで、不調との付き合い方や対処法は分かります。
それだけで、かなり、気持ちもからだも違ってくるのです。
そもそも、更年期っていつ頃のことをいうと思いますか?
閉経を迎える頃、閉経後のことと思っている方、非常に多いです。
女性ホルモンの分泌量が減り始める30代後半、40代前半をプレ更年期といいますが、
以降、女性ホルモンは急激に減少して閉経を迎えます。更年期は、この閉経を挟んだ10年間くらいを
いいます。ホットフラッシュ(発汗)、イライラ、やる気がでない、ひどい肩こりなど、いろんな不調が現れやすくなります。そして、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌がほぼなくなると、からだと心は、また安定してくるのです。
こうした不調は、急激な女性ホルモンの減少で起こります。分泌量の減少を止めることは生理的にできないけれど、減少していくペースを緩やかに遅らせることはできるのです。
マッサージ
そのためには、まず、自分のからだをもっと知りましょう。
40代前半までは、基礎体温をつけるのもいいと思います。自分の月経周期を把握しておけば、更年期に
見られる不調への準備と対策を打つことができます。
更年期まっただ中のみなさんも、生活リズムの見直しや運動、リフレッシュなどで症状を改善したり
緩和することができます。
リフレッシュ
わたしにはこれからのステージ。片足は、突っ込んでると思いますが・・・。
その時どんな症状がでてくるのかしら?と半分、興味を持ちながら備えています(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る