コロッラのブログ | 人形町駅から徒歩4分!リラックスしたプライベート空間を意識した女性のための鍼灸治療室です。はり灸やアロマオイルを使った経絡マッサージで、不調を取り除きながら、心身のバランスを整えます。美容と健康のサポートはお任せください!

アロマはり灸サロン コロッラ
ブログ
2015年07月13日 [その他]

子宮卵巣の状態をセルフチェック

基礎体温でご自分のからだの状態がわかります。
けんおん
検温は、妊娠を考えている人だけでなく、
プレ更年期に差し掛かる人にもおすすめしています。

基礎体温からは、子宮卵巣の状態やホルモン、自律神経の
バランスが分かるだけでなく、排卵の有無や黄体機能の状態
なども分かるので、妊娠力を高めるのに必要なケアを早期に
始めることができます。

からだと心の変わり目を迎える、プレ更年期の人は、
不調の原因を早期に見つけやすくなります。

チェックするポイント
@月経周期を通して、低温期と高温期の2相に分かれているか。
 
理想的な基礎体温は、生理が始まると低温期に入り、
排卵後、高温期へと移行します。
低温期は14日間前後、高温期は11〜15日間が目安。

高温期が10日未満の場合、黄体機能不全の疑いがあります。

体温が2相に分かれていなかったり、体温が上下に不規則だったり
する場合、無排卵の可能性も考えられます。


A月経周期を通して、体温が低過ぎないか。

理想的な体温は、高温期で36.7℃以上、低温期でも最低36℃以上。
2相の温度差が0.3℃満たない場合、黄体機能不全の可能性があります。

熱を作るパワーが足りておらず、不妊の原因となったり、妊娠しても
流産を繰り返してしまうことがあります。
鍼
ホルモンや自律神経の乱れからくる女性の不調の改善は、
鍼灸の得意分野です。

気になる不調はそのままにせず、からだと心のためのケアを
すぐに始めましょう。





PageTop