コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2015年07月09日 [健康]

卵巣疲れによるホルモンバランスの乱れ

☆卵巣疲れによるもの
・むくみ
・乳房の張り
・ニキビ、肌荒れしやすい
・下腹部痛
・おりものが多い

こうした症状が当てはまる場合でも、
30代前半までの方は、自律神経や
セロトニンのケアをすることが大切です。

30代後半以降の方は、年齢とともに
卵巣機能が低下してきます。
それに伴い、女性ホルモンの乱れがでてくるので、
生活リズム、食生活を見直すことが
大切です。

コロッラでは、
骨盤周りの血行を促し、「腎」※の働きを高めます。
※「腎」とは女性ホルモンや生理をつかさどるエネルギーのこと。

また、疲れや冷えを改善し不調を取り除いていきます。
アロマ
セルフケアとしては、からだを冷やす食べ物は避けて、
なるべく温かい食べ物を摂ることがよいでしょう。

スクワッドも有効です。
股関節を緩めて、骨盤内の血液循環を良くします。
運動

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る