コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2015年07月07日 [健康]

自律神経によるホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスを崩す3つの要因のうち、
今日は「自律神経の乱れ」による場合の対策をお話します。

交感神経優位なことが多く、緊張から、からだのこわばりが
強くなりがち。
生理前には、血管、神経系に不調がでやすくなります。
眼精疲労
☆自律神経の乱れによるもの
・肩こり、頭痛
・手足の冷え
・疲れやすい
・めまい
・下痢または便秘しやすい

ストレスから自律神経が乱れると、
卵巣への指令がスムーズに伝わらず、
女性ホルモンのバランスまで乱れてしまいます。

コロッラでは、こんな治療をします。
・からだのこわばりをほぐし、こりや痛みを改善
・全身の血流を整え、冷えやむくみを改善
・自律神経の乱れによる胃腸など不調を改善

セルフケアとして、冷え対策をしましょう。
からだを温める「血」を補う食材を積極的に摂る。
鶏肉やレバー、ホウレンソウやネギ、しょうが、黒豆などなど。

湯ぶねにゆっくりつかる習慣をつけることは、血行をよくするのに
とても有効です。
バスタイム
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る