コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2015年06月19日 [妊娠・更年期]

のぼせと冷え

パニック
顔がほてったり、頭がのぼせる。
手足だけがやたらとほてる。

お腹や腰まわり、手足の一部分だけが
特に冷たく感じる。

原因のはっきりしない、こうしたのぼせや冷え症状は
更年期症状のひとつで、自律神経系の乱れに由来すると
言われています。

また、ストレスや疲労による心因性のものもあります。

更年期のホルモン分泌の変動によって、自律神経の機能が
バランスを崩すと、血管調節が難しくなり、一部分だけ
血流が多くなったり、妨げられたりして、のぼせや冷えを
引き起こします。

ほてりやのぼせ症状の場合、顔や頭、手足などに出やすいため
他の部分への冷えに対する自覚がない方がほとんどです。

むしろ体が熱いと感じるので、冷やしてしまいがち。
冷たい飲み物、布団から手足を出して寝るなど。
寝ぞう
でも、これは逆効果!
実は手足のほてりは、冷えからきています。
血行不良からきているのです。

ですから、のぼせ、冷えのどちらの症状も
血液の循環を良くすることが緩和につながります。

手首足首を回したり、ふくらはぎもゆっくり揉んだり
してみてください。

一部分に集中していた血流や、妨げられていた血流が
全身に巡っていきます。

鍼灸治療、アロマトリートメントも有効です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る