コロッラのブログ|コロッラ鍼灸治療室

アロマはり灸サロン コロッラ
2015年06月13日 [美容]

東洋医学的リフトアップ

お顔のたるみ。
それに伴う状態が、毛穴の開きとハリやツヤのない肌など、、、。
ニキビ
東洋医学的には、
毛穴の開きは「気」の不足=気虚

ハリツヤがないのは「血」の不足=血虚と考えます。

消化器系の働きが弱い人は、飲食物をエネルギーに換える
パワーが不足しがちで、エネルギーが不足すると、
筋肉は垂れ下がり、またツヤも損なわれがちになります。
⇒むくんだり、ニキビが出来やすい傾向にある

☆ワンポイントアドバイス
食事はよく噛んで!
消化・吸収の助けになるだけでなく、お顔の筋肉を鍛えます。


呼吸器系の弱い人(鼻炎、アレルギー体質、風邪をひきやすいなど)は、
酸素の供給とそれを体内に循環させるパワーが不足しがちで、
供給不足になると毛穴が開き、そこからさらにエネルギーが漏れて
皮ふのバリアが低下します。
⇒敏感肌で、乾燥やかゆみが出やすい傾向にある

☆ワンポイントアドバイス
適度な運動で汗をかく!ターンオーバーと皮脂線を活発にして。
免疫力を高めましょう。
運動
東洋医学って概念がちょっと難しい部分がありますが
ざっくり言うと、こんな感じです。


お顔の鍼に全身鍼をプラスすることで
内面からの底上げも期待できるというわけです!

それでは、みなさま
良い週末をお過ごしください☆彡

また月曜日に。





このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る